養育費不払いの元夫の住所検索調査の事例

WEBから無料でかんたん見積もり!

サーチへのボタン
youikuのメイン画像

◎養育費不払いの元夫の住所を調べる

協議離婚にしろ、調停離婚にしろ、離婚時に養育費の支払いが取り決められたのであれば、当然に支払わなければなりません。

しかし、時が経過するに従い、だんだん養育費の支払いが滞りがちになり、最後にはまったく支払わなくなってしまい、挙句には、連絡も付かなくなってしまったというケースもあるようです。

まずは、催促の連絡を取るため、または内容証明郵便を送るために、元ご主人の現在の所在を調査してほしいといった依頼も多いです。

もちろん、支払う側である元ご主人のその後の経済状況の変化よって、養育費の遅延、一時的な不払いが生じていることもあるかもしれませんが、やはり何も話さずに行方が分からなくなるのは困ったものです。

こうしたケースでまだ救いなのは、元ご主人ですので、元夫の氏名、生年月日、勤務先等、基礎的な情報は揃っているわけですし、婚姻生活を営まれていた当時の住所は把握されてらっしゃるわけですので、そうした情報から現在の所在をたどっていくことは比較的可能なケースと言えます。

例えば、婚姻時の住所からそれほど年数が経過していなければ、移転先を調査する方法もありますし、以前と同じ勤務先に現在も務めているようでしたら、勤務先から所在を調査する方法もあります。

また、債務名義をお持ちであれば、それを元に強制執行の手続きを行えば、法的に養育費を回収する事が可能です。

元ご主人の勤務先を第三債務者として、給料を差押さえるわけです。

他の債権の場合、給料の差押えでは原則として給料の手取りの1/4ですが、養育費に限り、給料の手取りの1/2を差押さえることが出来ます。

ただし、給料の差押えを行うには、元ご主人の現在勤務している勤務先を把握しておかなければなりません。

以前の勤務先をやめ、現在の勤務先がわからないといった場合でも、探偵に住所検索調査を依頼すればわかるケースもあります。

【参考】探偵や興信所の料金相場を解説

探偵をお探しなら

タントくんタイトル
タントくんイメージ画像

タントくん説明

お急ぎの方は『タントくん』お問合せ専用無料ダイヤルで

☎ 0120-274-160

「タントくん」を利用せず、個別の探偵社に問合せる場合はこちら