移転先調査 | 旧住所から引越し後の転居先を調べる

WEBから無料でかんたん見積もり!

サーチへのボタン
itensakiのメイン画像

◎移転先調査とは?

相手の現在の所在を調べるという点では、住所調査、行方調査等と同様ですが、対象者が住んでいた前の住所がわかっていて、転居した事実も把握しているといった場合、対象者の移転、転居後の新住所を調べるというものを特に移転先調査と呼ぶ場合があります。

例えば、探偵に浮気調査を依頼し特定できた浮気相手と慰謝料や今後のことについて話し合いを進めていたにもかかわらず突然引越してしまい、移転した住所がわからなくなったとい場合や、貸金を分割で返済をしていた債務者が突然転居してしまったというようなケースなどがあります。

その際、対象者がちゃんとした会社に勤めていたり、他にも家族がいるという場合、移転先で普通の生活を送っていることが想定されるケースに適していると言えます。

こうしたケースで、一般の方でもできる方法として、前の住所が賃貸アパートでしたら管理会社に聞いてみるとか、ご近所に聞いてみるという方法が思い浮かぶかと思いますが、個人情報は極力漏らさないという現在の社会情勢の中では、そうした方法もまず難しいかと思います。

相手の移転先を知るには、その他、住民票の除票、戸籍の附票などを取得すれば移転先がわかる場合がありますが、これも正当な理由も無く第三者が取得することはできません。

ただし、慰謝料請求や貸金返還請求など、裁判などなにかしら法的な解決手段を進める中で、正当な理由を証明する資料さえあれば第三者でも住民票を請求できますし、弁護士などの有資格者に依頼すれば、職務上請求で取得することもできます。

その際、正当な理由があり請求する場合でも、対象者が本人通知制度導入自治体に住んでいて、事前に登録していた場合は、取得したことが相手に通知されますので、その点は留意が必要です。

◎探偵に移転先調査を依頼する

上述した住民票と探偵との関係は以前から良くも悪くも深く、以前でしたら住民票を取得して移転先を調べるということを行っていた業者もあるようですが、昨今ではなにかと事件や問題になるケースが多く、現在では探偵や興信所と言えども住民票を取得するということは出来なくなっているというのが現状です。

ただ、そこはプロですので、探偵や興信所ではさまざまな情報網や聞き取り技術などを駆使して、ケースによっては移転先を調べることができる場合もあります。

移転先調査の探偵の料金ですが、前の住所さえわからない、また移転してからかなりの年数が経過しているといったケースでは、本格的な行方調査となってしまい、それなりに高額になりますが、移転してからそれほど年数が経過していないといったケースでは比較的低料金で済む場合もあります。

探偵をお探しなら

タントくんタイトル
タントくんイメージ画像

タントくん説明

お急ぎの方は『タントくん』お問合せ専用無料ダイヤルで

☎ 0120-274-160

「タントくん」を利用せず、個別の探偵社に問合せる場合はこちら