移転先調査 | 旧住所から引越し後の転居先を調べる

WEBから無料でかんたん見積もり!

サーチへのボタン
itensakiのメイン画像

◎移転先調査とは?

相手の現在の住所、所在を調べるという点では、住所調査、行方調査等と同様ですが、対象者が住んでいた旧住所がわかっていて、転居した事実も把握しているといった場合、対象者の移転、引越し先を調べる案件を特に移転先調査と呼ぶ場合があります。

例えば、探偵に浮気調査を依頼し特定できた浮気相手と慰謝料や今後のことについて話し合いを進めていたにもかかわらず突然引越してしまい、移転先がわからなくなったとい場合や、貸金を分割で返済をしていた債務者が突然転居してしまったというようなケースなどがあります。

そうしたケースでは、確実に相手の旧住所や名前などがわかっているというケースも多く、その旧住所を元に引っ越した先の移転先がわかる場合もあります。

◎自分で移転先を調べることは可能なのか?

こうしたケースで、一般の方でもできる方法として、対象者の前の住まいが賃貸アパートでしたら管理会社に聞いてみるとか、ご近所にどこに移転したのか聞いてみるという方法が思い浮かぶかと思います。

確かに、こちらの聞き方次第では、うまく移転先を聞き出せる場合もあります。

しかし、個人情報は極力漏らさないという昨今の社会風潮の中では、そうした方法もまず難しいかと思います。

では、その他に、自分でできる移転先調査の方法としては、どのような方法があるのでしょうか。

住民票を取得する

いくら逃げるように転居した相手でも、表向きには普通の日常生活を送っているケースも多く、引っ越しの際、旧住所および移転先を管轄している市役所に、転出、転入手続きを行っていることも予想されます。

そこで、旧住所の市役所に対して、対象者の住民票を請求するという方法もあります。

相手が、転出、転入手続きを行っていれば、住民票の除票を請求すれば、移転先がわかります。

ただし、請求しても誰でも交付を受けられるというわけではなく、あくまで、慰謝料請求や貸金返還請求などの裁判等、何かしら法的な手続きを進めるためなど正当な理由が無ければ交付は受けられません。

また、相手が住民票を異動せずに引っ越している場合には、住民票の除票を請求しても、登録上は、まだ相手は旧住所に住んでいるという判断になりますので、移転先を調べることはできません。

なお、住民票の除票でわかるのは、次の移転先です。

もし相手が、複数回転居しているようであれば、異動履歴全部がわかる戸籍の附票などを取得すれば、最終的な移転先がわかります。

その他、弁護士などの専門家に依頼すれば、職務上請求で住民票を取得することもできますが、あくまで裁判等の依頼を受けた中で、その職務の一環として調べてくれるだけで、単に住民票を取得してほしいといったような依頼は受けてくれませんので留意が必要です。

郵便物の転送先の住所を調べる

住民票を請求することができない、あるいは、住民票を異動していないことがわかっているという場合でも、旧住所に届く郵便物を引越し先に転送しているという可能性があります。

郵便物を転送してもらうには、郵便局に対し、転居届を行い、転送してほしい住所を申請します。

この転送先を調べる方法ですが、以前でしたら、旧住所に何らかの郵便物を送付し、相手に配達される寸前に取戻し手続を行い、戻ってきた郵便物に付いている転送先が記載されたシールを見て確認するという方法もありました。

しかし、これも情報漏えいに厳しい昨今においては、シールを付けたまま返還されるということはまずなく、確実な方法とは言えないでしょう。

ただし、書留や特定記録郵便などを郵送することにより、郵便追跡サービスで、配達された先の管轄郵便局の所在は特定することが可能です。

もちろん、配達先の郵便局の管轄地域だけ確認できるだけで、番地番号などの詳細な住所は確認することはできません。

◎探偵に移転先調査を依頼する

探偵に移転先調査を依頼したとしても、もちろん、上述のような住民票の除票や郵便の転送先を調べてくれるわけではありません。

その代り、例えば、対象者に関し、旧住所の他に、勤務先がわかっているというようなケースでは、勤務先から対象者を尾行することにより、移転先の現在の居所を突き止めるということも可能です。

また、探偵には聞き込みという手法も許されていますので、周辺関係先への聞き込みにより、一般の人では聞き出せないような情報も入手できる可能性もあります。

移転先調査の探偵の料金ですが、旧住所さえわからない、また移転してからかなりの年数が経過しているといったケースでは、本格的な行方調査となってしまい、それなりに高額になりますが、確実な旧住所がわかっており、移転してからそれほど年数が経過していないといったケースでは比較的低料金で済む場合もあります。

探偵では、その他にも、様々な情報網がありますし、どこを当たれば聞き出せるかなど、プロとしての専門技術がありますので、確実に移転先を突き止めたいという場合には、探偵に相談してみてもいいのかもしれません。

探偵をお探しなら

タントくんタイトル

タントくん説明

▶ タントくんのサイトを見る

お急ぎの方は『タントくん』お問合せ専用無料ダイヤルで

☎ 0120-274-160

「タントくん」を利用せず、個別の探偵社に問合せる場合はこちら