配偶者の不倫問題で浮気相手の身元を調べる場合の住所調査の事例

WEBから無料でかんたん見積もり!

サーチへのボタン
futeiメイン画像

◎浮気相手の身元確認のために住所を調べる

配偶者の浮気に直面し、自分で旦那さんや奥さんのスマホや身辺を調べてみても、なかなか証拠らしいものが出てこない。

そんな時、事実を確かめるために探偵への浮気調査の依頼を検討される方も多いかと思います。

実際に、探偵の受ける依頼の内、旦那さんや奥さんの浮気調査の依頼が最も多いのも事実です。

まさしく、浮気調査は探偵の専売特許と言っても過言ではありません。

さて、探偵に浮気調査を依頼する目的は何でしょうか?

もちろん人それぞれかと思いますが、最初は何らかの異変や兆候から浮気を疑い、悶々とした日々が続き、まずは本当に浮気をしているのかを確かめたいということかと思います。

つまり、旦那さんや奥さんが自分以外の異性と肉体関係があるのかどうか?ということです。

探偵側で行う浮気調査においても、まずは白黒はっきりさせること、黒であるならば、肉体関係があるという事実を映像等で証拠に収めるということを主眼に置きます。

そして、浮気の証拠が掴めれば、その次に知りたくなるのが、相手はどんな人物なのか?ということです。

その中でも、浮気問題を解決する上で重要になってくるのが、浮気相手の住所です。

ここではまず、自分で調べるにしても探偵に依頼するにしても、なぜ住所が必要になってくるのかを考えてみたいと思います。

浮気相手の住所を調べておくことの重要性

浮気相手の住所は、以下のような点で重要になってきます。

浮気相手との話し合いのため

浮気の事実が明らかとなり、配偶者に証拠を突きつけたところ、すべて認めて反省もしているから、今回だけは許し、浮気相手への慰謝料も請求しないという方もいらっしゃるかと思います。

しかし、大抵は、やはり浮気相手と何らかの話し合いの場を持ち、完全に手を切らせ、けじめのために慰謝料を請求したいと思う方も多いのではないでしょうか。

そんな時、配偶者が浮気相手の情報を自白し、例えば、電話や勤務先がわかれば、相手を呼び出すということもできるかもしれません。

そして、当事者で話し合い、慰謝料も支払うことで合意し、決着がつくということもあるかと思います。

しかし、このように、うまく事が運ぶケースばかりではありません。

まず、配偶者も相手の身元をよく知らない、あるいは、相手には迷惑をかけたくないということで、相手の連絡先などの情報を頑なに言わないというケースも多いです。

さらに、浮気相手の方も、話し合いの場に出てこないばかりか、逃げる可能性もあり得ます。

これでは、決着をつけて前に進もうと思っても、なかなか解決することができません。

なので、最低限、相手の住所は押さえておき、逃げ道をふさいだうえで話し合いを行った方が賢明かと思います。

法的措置を取るため

浮気相手が話し合いに応じない、あるいは浮気の事実も認めない、さらに慰謝料の支払いにも応じようとしないということになれば、やはり、何らかの手段を講じなければなりません。

その一つには、内容証明郵便を送り、例えば、今後一切近寄らない事、あるいは、慰謝料をいくらいくら請求するといったこちらの意思表示を示すという手段もあります。

内容証明と言えども郵便ですので、送る際には、相手の正確な住所が必要です。

【参考】内容証明郵便を郵送するために住所を調べる

さらに、それでも応じなければ、裁判ということも視野に入ってくるかと思いますが、告訴するにも手続上、相手の住所が必要になってきます。

【参考】訴訟で住所不明の場合どうすればよいのか?

このように、法的措置を取る場合には、浮気相手の住所は必須になってきます。

将来的な保険として

相手を交えた話し合いの末、もう二度と配偶者と接触しないという約束を取り付けたとして、果たしてそれが守られるかどうかはわかりません。

仮に相手が約束を履行していたとしても、こちらとしては常に不安がつきまとうものです。

そういった場合でも、浮気相手の住所さえ押さえておけば、もし万が一、何か事があったとしても対処ができますし、監視もできるのです。

また、話し合いにしろ裁判にしろ、慰謝料の支払いを相手が認めたとしても、きちんと慰謝料が支払われるとは限りません。

最悪、行方をくらますということもあり得ます。

仮に行方がわからなくなったとしても、起点となる住所さえ押さえておけば、それをを元に転居先もわかる場合もあり、そうなれば、さらに強制執行等で相手の財産から慰謝料を回収するということも可能となってくるのです。

【参考】移転先調査とは?

◎浮気相手の住所がわからない場合どうすればよいのか?

上記のように、浮気相手の住所を知っておくことはとても重要だということを述べてきました。

しかも、上記の特に法的手続きを進めるためには、浮気相手の部屋番号までの正確な住所が必要となります。

自分でいろいろ調べた結果、相手の大体の住んでいる場所、町名ぐらいまではわかったという場合もあるかと思います。

しかし、番地番号、部屋番号などが不明な不確かな住所では、法的な手続きを進める上ではあまり役に立ちません。

それでは、自分で調べてみて、どうしてもわからないという場合には、どういった方法があるのでしょうか?

弁護士に依頼する

弁護士は、証拠収集などのため、職務上必要とあらば、その対象となる人物のさまざまな情報を関係各所から取り寄せることができます。

例えば、浮気相手の携帯電話番号などがわかっているというケースでは、キャリアに対し、その番号の契約者情報を請求することができるなど、一般人では取得することができないような情報も取得することができます。

そもそも裁判や示談などを行う場合には、やはり法律のプロである弁護士についてもらうことになるかと思いますので、相手の住所がわからないということも含め、弁護士に相談してみてもいいかと思います。

探偵に依頼する

探偵への依頼の仕方として、大まかに下記のようなケースがあります。

浮気調査の一環としての依頼

配偶者に浮気の疑いがあり、確実な証拠を得るために探偵に依頼する場合、一般的な探偵では、浮気の現場を証拠に収めると同時に、その足で浮気相手を尾行し、自宅を押さえるまでが一通りの流れです。

しかし、調査員が少ない探偵の場合、1日で追えきれず、浮気相手の住所調査はまた別の日になるというところもあったりします。

なので、そうしたことも含め、探偵に浮気調査を依頼する際には、ついでに相手の自宅を調べてくれるのかどうかの確認が必要ですし、少し値が張ったとしても、証拠取りだけではなく、相手の住所まで調べてもらうようにしましょう。

住所調査単体としての依頼

浮気の証拠は、自分である程度掴んでいるが、相手の住所だけがどうしてもわからないという場合には、住所調査だけを探偵に依頼するということも可能です。

その際には、こちらが把握している対象者の情報を元に調べてもらうことになりますが、こちらの情報量によって日数や金額も異なってくる傾向にありますので、事前に探偵側とよく話し合った方がいいかと思います。

なお、住所以外の予備の連絡先として、相手の勤務先も調べておいた方が、手続きを進める上で何かと役に立ちますので、予算に余裕があれば、勤務先も併せて調べてもらうよう相談してみてもいいかもしれません。

【参考】勤務先調査とは?

【参考】探偵興信所の料金や費用相場を解説

探偵をお探しなら

タントくんタイトル

タントくん説明

▶ タントくんのサイトを見る

お急ぎの方は『タントくん』お問合せ専用無料ダイヤルで

☎ 0120-274-160

「タントくん」を利用せず、個別の探偵社に問合せる場合はこちら